POSシステムを導入すれば仕事がスムーズになる

精算効率を上げる仕組み

レジ

必要な設備のみ導入する

精算作業を効率よく進めるにはposレジの導入が適しています。小売業界や飲食業界ではアルバイト従業員がレジ業務もこなすため、操作の簡単なposレジが重宝されるのです。特に多品目の商品を扱うホームセンター、スーパーマーケットなどの量販店で力を発揮しています。これらの店舗では同じ商品であっても日によって販売価格が変動します。特売日にだけ安い価格にして他の日は定価で売りたい場合、posレジを商品管理システムに繋げておけばすぐに変更することができるのです。さらに便利なのは売上データの確認が随時可能な点です。旧来のレジは一旦締め上げ処理をし、データを印字しなければ総売上金額が確認できませんでした。しかしposレジであればバックヤードのパソコンで現時点の売上を呼び出すことができます。金額だけでなく、どの商品がいくつ売れているのか具体的に知ることができるので、販売動向を見ながら売場のレイアウトを変えると言った行動が取れるのです。posレジの性能は年々上がり、精算スピードは速くなっています。多機能大型化するにつれてレジ本体の価格も上がる傾向にあり、1台50万円前後する機種も珍しくありません。できるだけコストを抑えてposレジを導入したいのであれば、詳細な見積もりを依頼することです。専用レジ台、配線カバーなどの備品類が「一式」として価格に含まれていることもあるからです。これらが不要であれば見積もりから外し、納入価格を下げてもらうように交渉しましょう。