POSシステムを導入すれば仕事がスムーズになる

相談

夢を持っている人のために

大阪で開業支援をしたいと考えている人の多くが開業支援を受けています。開業支援の会社では夢を叶えるためのありとあらゆる支援を行っています。小規模の投資を行っている場所もありますので、まずはリスクを少なくしたいという方に人気があります。

レジ

精算効率を上げる仕組み

精算作業の効率化に欠かせないposレジは高性能大型化するにつれて本体価格も上がっています。メーカーによる初期の見積もりには付属備品が含まれている場合があるので、内容をよく確認し、不要なものがあれば外してもらうようにしましょう。

施術

整骨院を開業するために

整骨院を開業するにあたり、おすすめなのが実際に開業した知人などに話しを聞いてみる事です。また、整骨院を開業するためのセミナーを受講することも良いでしょう。情報交換が出来るというメリットもあります。

効率的な店舗経営のために

レジスター

販売データを有効活用

効率的な店舗経営をするためには、販売データの分析や、在庫管理が必要です。しかし、これらを手作業で行うには大変な労力がかかります。そのため、多くの店舗で、POSシステムが導入されています。POSはPoint Of Salesの略で、販売時点情報管理と訳されます。POSシステムでは、商品を販売した時点で、商品名や数量、金額といった情報が企業のサーバに送られます。そのデータを蓄積し、様々な角度から分析することで、販売戦略を立てることができます。例えば、コンビニにおいて特定の時間帯によく売れる弁当があれば、その時間帯に十分な在庫があるように発注することで、売り切れによる機会損失を防ぎ、より売上げを上げることができます。また、サーバのデータベースでJANコードなどの商品情報が管理されているのもPOSシステムの利点です。レジでバーコードをスキャンするだけで商品名や金額を収集できるので、会計時の時間短縮の他、手入力による打ち間違いを減らせます。POSシステムでは、顧客の会員情報を管理することもできます。購入履歴から商品購入の傾向が分かるので、その顧客に合わせた商品販促を行うことができます。また、顧客の住んでいる地域の販促情報をメール配信するなど、顧客情報を基にきめ細かな販促ができます。販売データをどう活用するかは導入する側に委ねられますが、POSシステムを導入することによって、手作業では限界があったデータ分析を可能にすることができます。